IoTってなんだろう?





先日、”WebIoT makers challenge in 前橋”で大会で最優秀賞を頂いたんですが、その副賞(?)で東京で行われる展示会に参加してきました。会場は神田だったので、前乗りした日はコワーキングスペースでブラッシュアップしてました。というかそれしかしませんでした😭

ここで、「IoTってなんだよ!!!」って思われたそこのあなた!僕もよく分かっていません!笑笑なので今調べます…笑

「1999年に、イギリスの技術先駆者ケビン・アシュトン氏によって初めて提唱された「Internet of Things(モノのインターネット)」であり、今までインターネットに接続される事のなかったモノがインターネットに接続されていく世界を表した言葉です。IoTは近年のスマートフォンの爆発的普及とビックデータ活用の波に乗って今、世界中で大きな注目を集めております。IEEE【米国の電気工学、通信・電子・情報工学戸のその関係分野における国際学会】やその他数々の研究機関/企業の予測では、2020年迄に1,000億個のモノとモノが相互接続した世界が実現するとされ、その市場規模は、631兆円とも言われる人類史上かつて無い壮大な可能性を秘めた市場といえます。→引用元」…分かりづらいですね^^; 友達に詳しく聞くと、「モノをインターネットに繋げて制御するものの事」だそうです。

僕はRaspberry piという「1枚の回路基板上にコンピューターとして最低限の機能を持たせた「シングルボードコンピューター」の事で、プログラミングを行い電子部品を本体に接続することによってさまざまな機能を実装できるラズベリーパイは、IoT開発を手軽に体験できるツールとして注目を浴びています。→ 引用元」を使いました。そもそも先程のWebIoT makersはRaspberry piを使って物理デバイス(モノ)をJavaScriptを使って制御する、という内容でした。





1日目はアキバのコワーキングスペース Weeybleさんで篭ってギリギリまで制作の詰めを…😵途中助っ人も来たりとてんやわんやでした。僕は全然役に立てなかったので凄くメンバーには申し訳なかったです…

あ、お昼は牛タンのねぎしでランチでした❗️激ウマ過ぎてご飯お代わりしちゃいました笑笑 アキバといえばケバブ🥙かなとか考えてはいたんですがね〜まぁケバブはまたの機会に。

2日間ともに雨が降っていたので気分は落ち気味でしたが…

というか、全然東京っぽい食事にありつけなかったのが地味に悔しいですね…

とは言いつつ、2日目の夜は恵比寿の馬肉屋たけしさんに友人と行きました笑笑

人生初の馬刺し&馬肉料理でした。超絶美味しかったのでずっと感動してました🥩

今回に限らず、県外に出ると毎回「何を食べよう」しか考えないんですよね〜笑笑 食には人一倍こだわっているので。

友人もそんな僕の食に対するストイック(?)なところは見直してくれてました笑

そのあとは、超理系男子な友人の為に新宿に移動してサイエンスバーで有名なincubatorさんに行きました!

僕も斬新なBAR🍸を体験できてとても楽しめました☺️

都会のBARってアイデア勝負ってところがあるのでとても勉強にもなります(・∀・)

まぁそんなこんなで、IoTやら食事やら、色々ぞんぶんに楽しんだ2日間となりました。充実したなぁ…

ほんじゃあ、今回ここら辺で!(^^)/~~~



コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中